ミドリムシ誕生の歴史

とても小さいミドリムシですが、深い深い歴史があります。

ミドリムシは5億年以上前に原始の地球で誕生しました。

そして1660年代に「微生物学の父」と称されるアントニ・ファン・レーウェンフック氏にオランダで発見されました。
ミドリムシの学名「ユーグレナ」という名前もレーウェンフック氏によって名付けられ、ラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味を持っています。
ミドリムシの優れた光合成能力と、豊富な栄養価を高く評価され多くの大学・研究機関から注目を集めてきました。

その後、1950年代にアメリカのメルヴィン・カルヴィン氏らは、ミドリムシ等を用いた光合成の研究を行い、
光合成による炭素固定反応であるカルビン・ベンソン回路というものを解明。
この功績によって1961年にノーベル化学賞を受賞しています。

1970年代に入るとアメリカ航空宇宙局(NASA)が宇宙開発の視点で研究を進めました。

これは宇宙での挙動を見る際の代表的な生物の1つとして選ばれたのが始まりですが、
ミドリムシが太陽光と二酸化炭素で育つことができること、
そして乗務員の呼吸によって出た二酸化炭素がミドリムシの成長を促し、
結果として酸素が得られるという二重のメリットがあることも注目されました。

しかし、ミドリムシ自体の栄養価が高く他の生物に食べられてしまうので、アメリカの航空宇宙局(NASA)でも大量培養に成功できませんでした。

1990年代では、ミドリムシを使った医療、医療品の開発、二酸化炭素固定などについて研究が行われていました。
そしてついに2005年、日本のベンチャー企業株式会社ユーグレナが、世界で初めて食品としての屋外大量培養に成功しました。

さらに、サプリメント素材等に活用できる乾燥微粉末の食品化にも成功し、現在ミドリムシは自然豊かな石垣島で大量培養されています。
ミドリムシの生育に重要な要素である、太陽の日差しの強さ、水、気温などの自然環境が整っている石垣島で培養する事により、安心・安全なユーグレナの生産を可能にしています。

今私達が目にしているミドリムシ製品のほとんどにこのユーグレナ社が培養したミドリムシが含まれています。