栄養の宝庫!ミドリムシ(ユーグレナグラシリス)に含まれる全59種類の栄養素

59種類の栄養素

植物と動物両方の性質を持ち合わせているミドリムシには、
ビタミン、ミネラル、アミノ酸、カロテノイド、不飽和脂肪酸など、59種類もの栄養素をバランス良く備えています。

また、通常体外から摂取するしかない必須アミノ酸すべて(9種類)がバランスよく含まれています。

先進国の人々にとっては日々の食生活で足りない栄養を補う栄養補助食品、
発展途上国などでは栄養不足に苦しんでいる人々に向けた食料援助の素材として、ミドリムシの食品開発が進められています。

含まれるのは、生理機能を調整して代謝を円滑にする「14種類のビタミン」、体液や神経の働きを調整したり、
骨や歯を作る「9種類のミネラル」、筋肉・臓器・血液・骨・酵素・免疫物質などを作る「18種類のアミノ酸」。
これらに加えて、脳の働きを高めるEPA・DHAなど「11種類の不飽和脂肪酸」、そしてパラミロンなど「7種類の特殊成分」。
これは青汁を超える栄養価です。

また、通常体外から摂取するしかない必須アミノ酸9種類や魚の眼などに多く含まれる不飽和脂肪酸(DHA、EPA)、
現代人に不足しがちな亜鉛などが含まれており、抜群の栄養バランスを誇ります。

植物性の栄養素

生理機能を調整して代謝を円滑にする
■ビタミン類 α-カロテン、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸

体液や神経の働きを調整したり、骨や歯を作る
■ミネラル類 マンガン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム

動物性の栄養素

筋肉・臓器・血液・骨・酵素・免疫物質などを作る
■アミノ酸類 バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、チロシン、トリプトファン、グリシン、セリン、シスチン

脳の働きを高める
■不飽和脂肪酸 DHA、EPA、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、エイコサジエン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸、ジホモγ-リノレン酸

特殊成分
■その他 パラミロン(β-グルカン)、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシン

ミドリムシの粉末1gで驚きの栄養量です。

鉄:0.48mg(ほうれん草 約50g)
葉酸:9.9μg(生のさんま 約50g)
亜鉛:0.75mg(生の車えび 約50g)
ビタミンA(きんかん 約50g)
ビタミンB1:0.18mg(豚レバー 約50g)
ビタミンB12:1.9μg(たまごの黄身 約50g)
ビタミンB2:0.06mg(生の鶏ささみ 約50g)

ミドリムシは植物とはちがい、細胞膜という一枚の壁で覆われているだけなので、
野菜からは吸収しにくい同じ栄養素でもミドリムシからは効率よく吸収することができます。


つまりこんなにたくさんの栄養素を、しかもほぼ丸々吸収することができるということです。


次に臨床結果を見てみましょう。

【ミドリムシ(ユーグレナ)の臨床結果】

脳卒中易発性高血圧自然発症ラットの血圧、脳ならびに末梢血管病変およびに寿命に及ぼすユーグレナの影響
大阪府立大学:中野長久 宮崎大学:林雅弘 名寄市立大学:雪野継代
著しい延命効果、脳卒中の発症率低下、血圧の上昇抑制、抗菌活性、血清脂質低下免疫増強活性、血管壁の肥厚抑制、マクロファージ活性


粉体工学会誌 原生動物の作り出すバイオ粒子、パラミロンの性質と利用(ラット)、
パラミロンの抗腫瘍性、抗菌、抗ウイルス活性、ヒト免疫不全ウイルス(HIV-1,HIV-2)のリンパ球細胞への結合を強く阻害、
大腸菌、緑膿菌、肺炎菌、腸炎菌、黄色ブドウ球菌、カンジタ、皮膚真菌症に抗菌活性

試験概要:30代~60代男女 大手町パーククリニック
1.総コレステロール・・・平均6.75mg/dl減少 2.悪玉コレステロール・・・平均9.25mg/dl減少
3.善玉コレステロール・・・平均3.63mg/dl増加 4.中性脂肪・・・平均平均11.75mg/dl減少
5.内臓脂肪・・・平均3.56cm減少 6.基礎代謝量・・・平均5.44Kcal増加


ちゃんと結果も出ていてミドリムシパワーが証明されていますね。
ミドリムシがどれほどすごいかお分かりいただけたでしょうか。