アディポネクチンとは?

アディポネクチンとは1996年に大阪大学で初めて発見され、
2003年に東京大学でホルモンであると定義された脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンです。

アディポは「脂肪」ネクチンは「くっつく」という意味で、このアディポネクチンは、
普通の体格の人の血液中には多く存在し、内臓脂肪が増加すると反対に減少することが明らかになりました。
人体の中で働いているスーパー健康ホルモン、長寿ホルモン、若返りホルモンなどと呼ばれています。

アディポネクチンは、体の中で血液中を流れて全身を巡り、血管の傷ついているところを見つけると素早く入り込み修復します。
メタボリックシンドロームによる、糖尿病・高血圧・高脂血症・動脈硬化
などの病気の予防をしてくれます。

また、最近の東京大学の実験では、
アディポネクチンを投与したマウスのがん細胞が10分の一に減少した
という検証結果も出ており、ガンの予防や治療の効果にも注目が集まっています。




  • 解明しつつある「アディポネクチン」の作用
  • ●運動と同様の効果がある。●骨量増加作用がある。 ●ヒアルロン酸の合成促進作用がある。
  • ●胃癌細胞1/10に縮まった。すなわち、抗癌剤のような作用をした。(東京大学)
  • ●抗動脈硬化作用とその生理的。病態生理的意義の解明。(東京大学)
  • ●100歳以上の人は、若い人より約2倍アディポネクチンの量が多かった。(慶応大学)
  • ●破骨細胞抑制および骨芽細胞促進による骨量増加作用を発見。(大阪大学)
  • ●真皮ヒアルロン酸合成促進作用を発見。(日本結合組織学会)

わかりやすく言うと…

  • ・運動した時と同じような効果をもたらす。
  • ・血糖値を下げるインスリンを効きやすくし、脂肪を燃焼させる。
  • ・骨の量を増加させる。
  • ・真皮ヒアルロン酸合成を促進させる。
  • ・有酸素運動で欠かせない持久力を生む筋繊維を作る可能性がある。

ということです。




他に、メタボリックシンドロームの改善、高血圧の予防、抗ガン作用、脳卒中の予防、心筋梗塞の予防、高脂血症の改善、 コレステロールの正常化、老化防止、血栓の予防、インフルエンザの予防、生活習慣病の予防などの効能が報告されています。 ちなみに100歳以上の元気なお年寄りは、一般の人よりも血液中の善玉アディポネクチンの値が2倍程度多いことがわかっています。 まさにご長寿ホルモンとしても知られるアディポネクチン!

そしてなぜアディポネクチンが出てきたかというと、
なんとミドリムシを摂取すると、このアディポネクチンが増えるということがわかっているのです。


ここに30~60代の男女に1ヶ月間、ユーグレナ粉末1g(カプセルで3粒相当)を飲用し続けて貰い、
血中のアディポネクチン濃度がどう変化するかを、体験してもらったデータがあります。

結果、開始前の平均が13.4%だったのが、1ヶ月後には、平均14.7%に上昇しました。
更に、アディポネクチンの増加の効果は具体的にこのような数字に現れたそうです。

  • 善玉コレステロール 3.63mg/di 増加
  • 悪玉コレステロール 9.25mg/di 減少
  • 中性脂肪 11.75mg/di 減少
  • 内蔵脂肪 3.56mg/di 減少
  • 基礎代謝 5.44mg/di 増加
  • (銀座サイエンスペロ大森クリニック調べ)

ミドリムシを摂取するだけで、「簡単に若返りホルモンを増やすことができる」と言えるのではないでしょうか。