ミドリムシ(ユーグレナ)で燃料をつくることができる!?

ミドリムシで燃料をつくることができる!?

次世代の燃料として、藻類から作り出すバイオ燃料が関心を集めています。
バイオ燃料は石油などの化石燃料と違って資源が枯渇する心配がありません。

飛行機の燃料であるジェット燃料には、軽油のように軽質な燃料が必要で、実際には軽油よりもっと軽質な灯油が利用されています。

化石燃料は燃料として使用することで新たに二酸化炭素を排出するだけですが、
バイオ燃料は原料となる植物、藻類が成長する際に二酸化炭素を固定し、それを燃料として排出しています。
そのため、全体で見れば二酸化炭素の排出量が増えないことになり、温暖化の防止に効果があるものと考えられています。

ミドリムシは、光合成によって二酸化炭素を固定して成長する時、油脂分を作り出します。
実はこれがバイオ燃料の元として利用可能なのです。

そして特にミドリムシは、微細藻類の中でも抽出・精製されたオイルが軽質であり、他の微細藻類に比べてもジェット燃料に適していることが分かっています。

ミドリムシの培養には専用設備を利用するため培養場所が農地である必要がありません。
サトウキビやトウモロコシといったバイオ燃料と違い、食料生産の土地と競合する心配がないため、本来食料にすべきものを燃料にするようなことがなく、食料価格の乱高下を防ぎ、適正価格化に貢献します。
また、現在バイオ燃料候補として挙げられている植物よりも敷地面積当たりの油脂生産性が高いことも特徴です。

ユーグレナ社東京大学内ラボでの実験では、油ヤシの実に比べ15倍以上の生産が可能ということが分かっているそうです。