ミドリムシに含まれるEPA・DHAなどの不飽和脂肪酸

DHA(ドコサヘキサエン酸)
中性脂肪の低下、つくられるのを抑制し、肝臓での分解を促進することがいわれています。 そのほか、アトピー性皮膚炎を改善、視力の向上、脳の活性化、働きをよくし、脳内の情報伝達の役割をしているシナプス(神経細胞)を活性化させる働きがあり、判断力や集中力を高め、痴呆症の予防や改善をすることがいわれています。また子どもの脳の発達促進にも役立っています。
EPA(エイコサペンタエン酸)
アレルギー反応の抑制、ビオチンの効果を高めることがいわれています。 また、動脈硬化・脳卒中の予防として、血液中のコレステロールを下げ、また、血液をサラサラにするため、血栓防止につながり、脳卒中などの生活習慣病を予防する事ができます。さらに、EPAには子宮の収縮時に活動している成分「プロスタジランジン」の働きを和らげる事が確認され、生理痛を抑える効果があることがいわれています。
パルミトレイン酸
肝臓への脂肪の沈着、インスリンの作用、パルミチン酸塩や脂肪酸の合成等に影響している可能性が指摘されている。 炎症原遺伝子の発現を抑制し、肝臓脂質の代謝を促進することでインスリンの感受性を高め、またインスリンを分泌する膵臓のβ細胞の破壊を阻害することが示されています。
オレイン酸
善玉コレステロールを減らさずに、悪玉コレステロールを減少させる効果があるとして、近年注目されている脂肪酸です。オレイン酸は高コレステロール食や高エネルギー食、運動不足などが原因で増えすぎた悪玉コレステロールを抑制します。
リノール酸
血中コレステロールを下げるといわれており、私たちのからだの組織が正常に機能する上で欠かせず、不足すると成長に障害がでることもあります。 絶対に必要なのに体内ではつくることができず、食品からとらなければならない油の成分の1つです。
リノレン酸
血中の中性脂肪を下げる作用、血栓ができるのを防止する作用、高血圧を予防する作用があるといわれています。α-リノレン酸を原料にして、 DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が体内でつくられます。 α-リノレン酸は、絶対に必要なのに体内ではつくることができず、食品からとらなければならない油の成分の1つです。
エイコサジエン酸
脂肪中の飽和脂肪酸と置き換わることで、融点や流動性など脂肪の特性に変化を与えています。
ジホモγ リノレン酸
不足すると皮膚の異常や脱毛を引き起こします。
アラキドン酸
内に入ると細胞膜の構成成分となったり、免疫を調整する物質を作り出すなど、体の機能維持に根本から関わります。 脳に関していえば、アラキドン酸が脳に占める割合はDHAに次いで多く、脳神経の発達を促す役目を担っています。 1歳未満の乳児はアラキドン酸を体内で合成する力が弱いため、母乳や粉ミルクが重要な供給源となります。
ドコサテトラエン酸
中性脂肪量を減少させ、心臓病の危険を低減させます。
ドコサペンタエン酸
すでに心血管系疾患や動脈硬化、脳機能の改善に優れた作用を示すことが良く知られているEPA(エイコサペンタエン酸)の10分の1の量でEPA(エイコサペンタエン酸)と同等以上の効果が認められるということが報告されています。