ミドリムシに含まれるパラミロンなどの特殊成分

パラミロン
パラミロンについては、コチラをご確認ください。
クロロフィル
植物や藍藻(らんそう)類に含まれる緑色の脂溶性色素です。 植物が太陽エネルギーを利用して、二酸化炭素から糖類を合成する光合成に不可欠な成分です。体内でヘモグロビンの生成を助けて造血作用を促進するほか、貧血の予防・改善、殺菌作用、抗炎症作用、抗酸化作用、コレステロール値の減少によって血中脂質濃度を適正化する作用があります。
ルテイン
水晶体にも存在し、緑内障・白内障のリスク軽減にも貢献しています。 眼は常時、活性酸素の害にさらされているわけですが、ルテインは強力な抗酸化剤として、眼をこの害から守っています。 この黄斑部と水晶体には、ルテインが集中していて、水晶体のルテインは青色光を吸収してフィルターの役割を果たし、黄斑部のルテインは網膜上で発生する活性酸素を無害化しています。 人間の体内器官や皮膚にも存在し、特に目の水晶体と黄斑部に存在する主要なカロチノイドは、ルテインとゼキアサンチンであるため、これらの部分が正常に機能するために重要な働きを果たしています。 目の細胞は光による酸化ダメージを受けることがありますが、抗酸化作用によって防止することができるといわれています。
ゼキアサンチン
活性酸素を消去する働きがあります。 紫外線から網膜の酸化を防ぐためゼアキサンチンには視力低下、白内障、緑内障、など予防と、改善に効果があると言われています。また、ゼアキサンチンは目の網膜を保護することから老化にともなう目の病気を防ぐ効果があるともいわれています。
GABA
気持ちを落ち着かせる「抗ストレス作用」があります。 脳に存在する抑制系の神経伝達物質として、ストレスを和らげ、興奮した神経を落ち着かせる働きをしています。ドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑えて、リラックス状態をもたらす作用があるのです。
スペルミジン
酸化ストレスに対する抵抗性の増加、蛋白質合成の促進、アポトーシスの抑制など、多岐にわたる生理活性が報告されているポリアミンで、ほ乳類細胞では老化にともなって減少することが知られています。
プトレッシン
大腸のバリア機能が高まって、炎症物質やアレルゲンが生体内に侵入するのを物理的に防ぎ、炎症やアレルギー予防に役立っていると考えられます。